歯科恐怖症の患者さんはどうしよう

笑気吸入鎮静法

気持ちのよくなるガスを吸入してリラックスさせる笑気吸入鎮静法。

歯科恐怖症に対しては、全身麻酔までしなくとも全身をリラックスさせる効果を持ち 心もリラックスさせる笑気吸入鎮静法で患者さんを安心させることも出来ます。 恐怖心を和らげる笑気を吸入してこの治療は嫌だな、というネガティブな気持ちを 抑えることで患者さんにリラックスしてもらい穏やかな気持ちの中で治療します。 この状態ならある程度の歯科治療にも恐がることはありませんし、そうなれば次回以降 の治療にもきっとよい影響を与える効果が期待できるでしょう。 恐いと感じない治療を何度か続けることで「あ、虫歯を治してもらうこの治療は ずっと恐怖の対象としか思ってなかったけど、実際は何一つ恐くないじゃん」 「こんなに優しい歯科医師の先生や綺麗な歯科助手さんから逃げ回る必要なんて なかったのに、なんで今まではここに来たがらなかったんだろう」「こんなに 素晴らしい治療で私の虫歯をひとつ残らず消し去ってくれる歯科医院から遠ざかって いた過去の自分が恥ずかしい」と思えるようになってきます。 そうなれば歯科恐怖症を克服するのも時間の問題で、タイミングを見計らって 笑気吸入鎮静法からも卒業し、一般の患者さんと同じよう通常の治療を受けることが できる身体になれるでしょう。 恐怖を感じる時間を意識を失わせることで消し去る全身麻酔よりも、意識を保ったまま 治療を進める笑気吸入鎮静法の方が前向きな方法のような気がします。 またこの方法なら精神や身体を押さえつけるわけではないので、呼吸や反射機能 といった本来あるべき反応はそのまま維持されるもの利点になります。 治療中に何か身体に異変が起きてもそれを医師に伝達することができるので、 意識を失った状態で大きな事故にあう可能性も低くなります。 意識を保ったままストレスから開放する、強力な麻酔で身体へ負担をかけることもない 笑気吸入鎮静法は、全身麻酔までしなくてもなんとかなるかな、という患者さんには お勧めの恐怖対策といえるでしょう。 また痛い治療を根本から見直した方法に無痛治療とよばれるのがあります。 これはさまざまな工夫と実験によって実現した痛みを伴わない万人向けの治療法です。 歯科恐怖症は治療時に感じた痛みがきっかけで発症するケースも多いのですが、 そんな人向けに行われるのが無痛治療です。 とにかく痛くないように、痛みを感じぬように治療を進めようというのがこの新しい 治療方法の第一目標となっており、そのためには多少の手間を惜しまず患者の顔色 を伺いながらみじんも痛みを与えぬように作業を進めていきます。 例えば痛みを抑えるのには麻酔注射を使うのが一般的ですが、この注射は痛いです。 それより後から来る大きな痛みを抑えるためとはいえ、麻酔をするためにちょっとだけ 患者さんには痛い思いをさせてしまいます。 歯を削るような大きな激痛から守るためとはいえ、麻酔注射の痛みを受け入れられる ような人ならそもそも歯科恐怖症にはなりにくいでしょう。 無痛治療ではこの痛みすらなんとかしようと、注射をする前にその箇所にのみ塗る タイプの麻酔薬を使って麻酔注射の痛みを感じさせないようにしてくれます。 塗る麻酔薬なら痛くはありませんので、これで最初から最後まで全ての痛みを消去 することに見事成功したわけです。 さらに麻酔注射の中の薬剤を温めることで痛みを抑えることもできますし、注射針 を通常よりも細いタイプに変更して使用することでも痛みを抑えることが可能です。 このような細かい作業や努力の積み重ねで、患者に与える痛みを極限まで減少させる ことに特化したのが無痛治療なのです。 痛くなければあとは目を瞑って治療が終わるまで念仏でも唱えて待てばよいので、 何をされているのかを意識しないで意識を保ったまま歯科治療タイムをやりすごせる のであればこの無痛治療に挑戦してみてもよいでしょう。